MENU

美白サプリに関するお悩みなら美白サプリ情報局にお任せください

皆さんの「美白サプリ」に関する悩み・疑問を解決します!

皆さん肌のお悩みは抱えていますか?
今、大勢の女性が何かしらの肌トラブルに悩まされています。
その中でも特に女性たちの関心が高いのが「美白」。
いつまでも若々しく白い肌を保ちたいというのは女性の永遠の願いでしょう。
そんな女性たちの憧れを叶えるために昨今、登場したのが「美白サプリ」。
飲むだけで美しく白い肌をキープできるサプリですが、「本当に効果があるの?」「嘘だったらどうしよう」と不安に思っている人もいると思います。
そこでこのサイトでは美白サプリに興味をもつ人たちのために、おすすめの美白サプリをご紹介。
ぜひ美白サプリの効果・効用を知って、永遠の白い肌を手に入れてくださいね。

美白サプリとは、一体何?

そもそも美白サプリとは何でしょうか。
美白サプリは愛飲するだけで白く美しい肌を保てるサプリ。
主に以下のような有効成分が含まれていることが多いです。

  • L-システイン…体内から身体の代謝を促し、抗酸化作用ももつアミノ酸の一種。シミ、そばかす、肌荒れなどの肌トラブルの対処には欠かせない物質で、爪や髪の毛、皮膚など体内にも多く存在しています。
  • ビタミンC(アスコルビン酸)…強い抗酸化作用があり、動脈硬化や心疾患、加齢などさまざまな症状を防ぐことができます。またコラーゲンの生成を促す作用があるので、肌にハリや弾力を持たせる美容効果もあります。
  • エラグ酸…野菜や果物を含む植物で見つかっている天然フェノール系の抗酸化物質。シミの原因となるメラニンの生成を抑制する効果があります。
  • ビタミンE(トコフェロール)…ビタミンC同様、強い抗酸化作用を持ちます。血管の老化を防いでくれるため、血液をサラサラにしたり、動脈硬化を予防したりします。また肌から紫外線を守る作用があるので、美白にも効果的です。
  • プラセンタ…プラセンタとは胎盤のこと。10種類以上のアミノ酸をはじめ、核酸様物質、各種ビタミン、ミネラル、酵素、ムコ多糖類など様々な栄養素が含まれています。

これらの美白・美肌効果の高い成分を飲むだけで一気に吸収できるのが美白サプリの特徴です。

また美白サプリの中には、厳密に言えばサプリメントではない、第3類医薬品が含まれていることがあります。
第3類医薬品は、名称の通り医薬品ですが、処方箋がなくても入手できるので通販などでも購入できます。
医薬品は厚生労働省の認可を受けている分、安全性や品質も高いので、通常のサプリメントよりも高い効果を期待できます。

なぜシミはできる? 原因を解説!

では、なぜシミができるのでしょうか?
そもそもシミとは、皮膚内にあるメラニンという色素が沈着してできます。
シミの多くは紫外線を浴びることでできる「日光黒子(老人性色素斑)」ですが、中には先天性のものやホルモンバランスの崩れによって生じるものもあります。

シミの主な種類としては、以下のものが挙げられます。

老人性色素斑:最も多い紫外線が原因のシミ。境界がはっきりした黒っぽいシミで、中年以降に増えます。

肝斑(かんぱん):頬骨や鼻の下、額に左右対称にできるシミ。30~40代の女性によく見られ、閉経とともに消滅します。

ソバカス:鼻を中心に小さな斑点ができるシミ。遺伝的なもので、小学生くらいの時から出てきます。

皮膚の中でもシミと最もつながりが深いのが表皮。
表皮は「ケラチノサイト(表皮細胞)」や「メラノサイト(色素細胞)」から成っており、紫外線を浴びるとメラノサイト内のメラニンという色素が生成されてシミができてしまうのです。
皮膚の細胞は一般的に28日周期に入れ替わるターンオーバーを繰り返していますが、様々な原因でその周期が乱れてしまうと、肌の入れ替わりが行われず、シミとして定着してしまいます。

これを予防するには一年中サンスクリーン剤を使って紫外線対策を行う、常日頃から保湿を心がけるなど正しいスキンケアをする、ビタミンC、Eを含んだ食品を積極的に摂取するなどの努力が欠かせません。

しかし中にはこのような努力を継続することに疲れてしまう人も。
そのような人たちにピッタリなのが「美白サプリ」の活用です。

美白サプリにはどんな効果がある?

では、美白サプリを飲むといったいどのような効果が期待できるのでしょうか?

1.できてしまったシミやソバカスを薄くする
美白サプリには、ビタミンCやL-システインなどのシミやソバカスに効果的な成分が配合されています。それらの成分が、肌に沈着した黒色メラニンを無色化したり、メラニン色素の生成を抑えてくれたりするので、一度できてしまったシミやソバカスを薄くすることができます。

2.シミ、ソバカスを予防する
まだ年齢も若いし、シミやソバカスが気になる年ではないから。
そう思って、美白ケアを怠っている人もいるのではないでしょうか。
シミ、ソバカスは若いうちからの予防が肝心。
なぜならば、一度できてしまったシミ、ソバカスを薄くすることはできても、完全に消し去ることは非常に難しいから。
だからこそ、まだそこまでシミ、ソバカスが目立たない10代、20代のうちから対策をすべきです。

美白サプリを飲めば、シミの原因となるメラニンを体外に排出できるほか、ターンオーバーを正常化することで、シミ・ソバカスができにくい身体にすることができます。

管理人が選ぶおすすめ美白サプリ3選

「SIMIホワイト」

こんな人にオススメ

  • 服用するだけで手軽にシミをケアしたい
  • 初めての美白サプリで心配だから返金保証があるものを選びたい
  • 美白サプリだけでなく、ハイドロキノンクリームも一緒に試したい

「ロスミンローヤル」

こんな人にオススメ

  • 安価に高品質のサプリを利用したい
  • ミ、ソバカスだけでなく、冷え性、血行不良による肩こり、腰痛なども解消したい
  • のぼせやめまい、耳鳴りなどの身体の不調を改善したい

「キミエホワイト」

こんな人にオススメ

  • シミ、ソバカスだけでなく、ニキビ、湿疹、かぶれといった症状も改善させたい
  • 疲れやだるさ、二日酔いにも効くサプリを探している
  • たんぱく質、脂質、糖質を正常に代謝して、お肌の健康を維持したい

美白サプリを選ぶ際のポイント

1.有効な美白成分が含まれているか確認する
美白に有効な成分が含まれていなければ、どんな高額な美白サプリも効果はありません。
商品を手に取ったら、以下の成分が含まれているか確認しましょう。

(1)L-システイン 成分表示名:L-システイン、システインなど
(2)ビタミンC 成分表示名:アスコルビン酸、柑橘系の果実類など
(3)エラグ酸 成分表示名:ザクロエキス、ラズベリーエキスなど
(4)プラセンタ 成分表示名:プラセンタ、プラセンタエキスなど

2.健康食品(サプリメント)か医薬品かをチェックする
美白サプリの中には、健康食品(サプリメント)と表示されているものもあれば、医薬品と表示されているものもあります。
両者の違いは何なのでしょうか?

まず健康食品(サプリメント)とは、健康に役立つ食品や特定の成分が濃縮された錠剤やカプセル剤のことを指すケースが多いです。しかし明確な定義はありません。

対して医薬品は、病気の予防や治療を目的としているもので、効能効果、安全性や品質など厚生労働大臣や都道府県の知事から正式な承認を受けたものでなければ製品として販売することができません。

薬事法上、一般の健康食品は具体的な効果を書き記すことができませんが(一部例外を除く)、医薬品は正式な認可を受けているため、該当する疾病に関しては改善や治療効果を謳うことができます。

3.継続して使用可能かを検討する
サプリメントは1回飲んだだけでは効果が表れません。
最低でも3カ月以上の継続が必要です。
そのため、「せっかくだから……」と無理して高額の美白サプリを購入するぐらいなら、手頃な値段で構わないので、継続できる製品を選びましょう。

サプリメントを購入したけれども、続けられなかったという声は結構多いです。
そのような方は以下の点に注意して、継続を試みましょう。

  • 忘れないよう食事とセットで飲むようにする
  • 常に目に入る場所に置いておく
  • 飲む時間を決める
  • 定期注文する
  • 飲みやすいタイプのサプリメントを選ぶ

美白サプリに含まれている成分とは?

以下、美白サプリによく含まれている成分です。

1.L-システイン
たんぱく質を構成するアミノ酸の一種。
特に肝臓の解毒や皮膚の代謝に関係しています。
美白に関しては、シミやソバカスの主な原因であるメラニン色素の生成を抑制するほか、体外に排出する働きも。
ビタミンC、ビタミンB類とともに、シミ、ソバカス、かぶれ、日焼けなどの対策に用いられます。
1日の上限摂取は500~1000mg。過剰摂取すると下痢などの副作用が出る恐れがあるので気をつけてください。

L-システインが含まれている主な美白サプリ:ロスミンローヤル、ホワイピュア、キミエホワイトプラスなど

2.アスコルビン酸(ビタミンC)
強い抗酸化作用をもつ水溶性ビタミン。
メラニンの生成を抑制し、体外に排出する働きがあるため、シミ・ソバカスができにくくなります。
またコラーゲンを生成する作用もあるため、シワやたるみといった悩みも改善してくれます。
ビタミンは体内で生成することができないので、食べものなど外部から取り入れる必要があります。
代表的な食物としては、レモンやミカンなどのかんきつ類、ピーマン、ゴーヤ、パセリなどが挙げられます。
ビタミンCは過剰摂取しても排出されるだけで特に副作用はありません。
健康目的ならば1日800mg以上、美容目的ならば1日2000mg以上は摂取を心がけましょう。

アスコルビン酸が含まれている主な美白サプリ:ネオビタホワイトプラス、トランシーノホワイトC、シミトール

3.トラネキサム酸
人工的に合成されたアミノ酸の一種。
もともと医療現場では、炎症やアレルギーを抑える作用があるため、湿疹やじんましんの治療や止血用に使われていました。
そんなトラネキサム酸には、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑える作用が含まれていることを2002年に厚生労働省が認めたため、現在はシミやソバカス対策に効果的といわれています。
ただしトラネキサム酸は、前述の通り、止血効果があるため、摂り過ぎると血が凝固してしまいます。そのため、化粧品として肌から摂取する際は問題ないですが、口に含むときは問題ないか必ず医師の確認をとってから服用するようにしましょう。
また上述の作用があるため、心筋梗塞、脳梗塞、血栓性静脈炎などの症状がある人は使用を控えたほうが無難です。

トラネキサム酸が含まれている主な美白サプリ:トランシーノⅡPTP、BIHAKUENトラネキサム酸、トラネミック

美白サプリのメリットとは

1.摂取が簡単
ビタミンCなどの美白成分を食べ物だけで摂取しようとするのは非常に難しいです。
しかし美白サプリを利用すれば、サプリを服用するだけで、手軽に必要な成分を取り入れられます。

2.塗布剤より効果が高い シミやソバカスをケアしようと思って、美白製品を肌に塗っていませんか?
美白成分は肌からよりも、服用して体内から摂取した方が浸透が早くて効果的です。
またスキンケア製品と併用している人も大勢います。

3.肌が弱くても摂取可能
シミやソバカス対策のためにスキンケアグッズを塗布したけれども、逆に肌に合わなくて、肌トラブルを引き起こしてしまったという人も。
そのような場合、美白サプリの方が服用できるため、副作用が少なく、安全性が高いです。

4.美白以外の効果を発揮することも
美白サプリの主な効果は美白ですが、サプリによっては、シワやたるみ、疲労回復、二日酔いにまで効くものもあります。
またスキンケア製品の場合、顔など塗った場所にしか効果を発揮しませんが、美白サプリならば身体全体に効果を及ぼします。