MENU

ビタミンの種類と効能を紹介しますので美白ケアにお役立て下さい

ビタミンの種類

ビタミンは「健康に良い栄養素」として知られていますが、様々な種類があり、分かりにくいと思っておられる方も多いでしょう。少し簡単に説明しますと、現在13種類発見されています。それぞれの名称と、多く含んでいる食材は以下の通りです。A(緑黄色野菜・レバー・卵)、B1(緑黄色野菜・牛乳・チーズ・豆・玄米・肉)、B2(緑黄色野菜・卵黄・肉)、B6(豆・魚・乳・肉・卵)、B12(卵・肉・魚・チーズ)、C(緑黄色野菜・果物)、D(魚・しいたけ・きくらげ・肝油)、E(緑黄色野菜・穀類・大豆・胚芽油)、K(緑黄色野菜・納豆)、ナイアシン(海藻類・魚介類・肉類・種実類)、パントテン酸(豆類・卵黄・レバー)、葉酸(果物・葉もの・豆類・レバー)、ビオチン(卵黄・レバー)となります。

脂溶性と水溶性

ビタミン各種のうちA・D・E・Kは油に溶けやすい脂溶性、B1・B2・B6・B12・C・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチンは水に溶けやすい水溶性です。脂溶性は肝臓や脂肪組織に貯蔵されるため、一度体内に摂り入れると効果が長持ちします。但し過剰摂取には、注意が必要です。一方水溶性は、尿などによって余分な量をスムーズに排出します。けれども、その分だけこまめに摂取しなくてなりません。美白効果が期待出来るビタミンは、A・B群・C・Eです。

美白効果の高いビタミンC

ビタミンCは美白効果で特に注目されている栄養素です。
メラニン色素や活性酸素の生成を抑え、コラーゲンの生成や細胞の修復を促進します。
ビタミンEの働きを高める効能もあるため、CとEは同時に摂取したほうが、美白作用は大きくなると考えられています。

強い抗酸化作用を持つビタミンE

ビタミンEには、高い抗酸化作用があります。毛細血管を拡張する働きもあり、血行改善や新陳代謝機能の向上をサポートしてくれます。Cと並んで美白効果の高い栄養素と言えるでしょう。過酸化脂質の酸化を抑制する作用も持っています。

「美容ビタミン」との別名を持つビタミンB2

B群のうちメラニン色素の生成を抑制する作用を持つB2は、「美白ビタミン」とも呼ばれています。シミやクスミの予防に効果があります。ホルモンバランスの正常化による美白ケアを行える栄養素は、B6です。また活性酸素の増加を抑えるB1や皮膚の新陳代謝をサポートするナイアシンの摂取も、肌に良い影響を与えます。

肌の健康を保つビタミンA

ビタミンAにはレチノールとカロテンの2種類があり、どちらも美白効果に期待が持てます。粘膜や皮膚を健康な状態に保ち、肌の抵抗力や免疫力を高めてくれるためです。継続摂取により、メラニン色素の量を減らしていくことが可能になります。

コンスタントなビタミン補給が可能な美容サプリの活用

食材以外から美白に有効な栄養素を体内に摂り入れる方法として、サプリメント(一般医薬品を含む)の活用が挙げられます。ビタミンは継続的に摂りつづけなければ効果が薄れてしまいますが、その点では美白サプリの服用が最も手軽で効率的です。
副作用の心配は少ないですが、脂溶性の場合は過剰摂取に注意しなければなりません。市販のサプリを利用しても効果が実感できない方には、美容皮膚科などの医療機関で高濃度の栄養剤を処方してもらうと言う方法もあります。点滴や注射による直接注入を依頼する方も居られます。