MENU

有効成分として美白効果を表示するには厚生労働省の認可が必要です

厚生労働省により表示認可される美白有効成分

美白有効成分の表記に関しては、厳密に定められています。
医薬部外品への配合されている成分のうち、厚生労働省によって有効成分であると認められているもののみ、「美白有効成分」との表記が許されています。有効成分が配合されている商品では「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ」「日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」といった表現が可能ですが、「シミを消す」「肌を白くする」といった直接的表現はNGです。
厚生労働省の認める有効成分が配合されていないにも拘わらず「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ」「日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」「美白」といった表現が為されている場合は、薬事法違反になります。有効成分の配合量は安全性と効果の観点から決定されており、配合量を変更するためには薬事申請を新たに行わなくてはなりません。厳しい審査をくぐり抜けた美白有効成分は、現在凡そ20種存在しています。代表的な美白有効成分を紹介していきます。

ビタミンC誘導体

ビタミンCを元に皮膚への吸収性などを改善した化合物の総称が、ビタミンC誘導体です。
メラニン生成抑制作用や抗酸化作用を持ち、コラーゲンの生成をサポートするなど優れた美白効果を有しています。肌に優しい点も長所です。摂取すると体内でビタミンCに変化するビタミンCエチルも、ビタミンC誘導体の1つです。即効性があり、しかも体内に長く留まるという特徴があるため持続性にも優れています。

アルブチン

酸化したメラニンは黒く変色してしまい、シミやそばかすの原因になります。
アルブチンは、メラニンの酸化を促す酵素であるチロシナーゼの働きを抑える成分です。シミの予防に効果を発揮します。ビタミンCとの相性が良いのも、特徴です。

トラネキサム酸

シミの慢性微弱炎症状態に作用して、メラニンの生成を抑える役割を果たすのが、トラネキサム酸です。
元々止血剤として歯磨き粉などにも使用されてきた成分ですが、化粧品に含まれる美白有効成分としてはメラノサイト活性化抑制機能に重点が置かれているため、「m-トラネキサム酸」という名称になっています。肝斑に特に効果があり、肝斑の内服薬として良く処方されます。

ニコチン酸アミド

ビタミンB群の1つで、ナイアシンアミドとも呼ばれます。
メラニンが表面化するのを抑える働きをする成分です。シミが出来るの防ぐ効果があることから、人気の美白成分として、高級化粧品にも良く配合されています。

プラセンタエキス

哺乳動物の胎盤から抽出された成分が、プラセンタエキスです。
新陳代謝の促進効果に優れています。ターンオーバーが活発化するため、既に出来てしまったシミやそばかすの緩和に効果的です。

エラグ酸

ポリフェノールの一種です。メラニン色素を黒く変化させるチシロナーゼの作用を抑えます。シミやそばかす、クスミの予防に役立ちます。

コウジ酸

麹を扱う人の手が美しいという点に着目し、醤油や日本酒の製造過程で出来るコウジ菌から作り出された美白成分です。メラニン生成に関わるチシロナーゼの作用を抑えます。

カモミラET

カモミラを原料とする成分です。情報伝達物質であるエンドセリンの働きを妨げることによって、メラニン生成を防ぎます。炎症抑制作用や保湿効果もあるため、ニキビケアの化粧品に良く配合されます。