MENU

栄養素を充分に摂取して身体の内側から美白ケアを施しましょう

美白に必要な栄養素

美白とは、「色素の沈着量が少ない、明るく美しい透明な肌の色」のこと指します。
従って「メラニン生成の抑制・メラニン排泄の促進・メラニンの還元などによってシミ・そばかすを薄くしたり、予防したりする」ことが、美白成分に求められる役割になります。そして美白においては、化粧品などによる外側からのケアと並んで、食べ物の摂取による内側からのケアも重要です。美白に必要な栄養素とそれを含んでいる食べ物を紹介します。

栄養素①ビタミンC

ビタミンCには、チロシナーゼ(シミやそばかすの元となるメラニンを作り出す酵素)の作用を阻害する効果があります。シミやソバカスを薄くしたり予防するのに大きな影響を与える栄養素なのです。他にも、活性酸素の除去やコラーゲン生成の促進も行います。ビタミンCを含んでいる代表的な食べ物はキウイ・イチゴ・柿・アセロラなどの果物、パセリ・キャベツ・ブロッコリー・ゴーヤなどの緑黄色野菜です。

栄養素②ビタミンE

ビタミンEは、肌の新陳代謝をサポートする栄養素です。強い抗酸化作用もあります。タンパク質やビタミンCと一緒にビタミンEを摂取すると、美白効果がより高まります。ビタミンEを含む代表的な食べ物はくるみ・アーモンドなどのナッツ類、うなぎ・イワシ・いくらなどの魚介類、アボカド、カボチャ、ほうれん草です。

栄養素③β-カロチン

β-カロチンは、体内の抵抗力を底上げしてくれる栄養素です。摂取すると、肌の炎症のケアやメラニンの沈着抑制に効果があります。またβ-カロチンは必要に応じてビタミンAに変化しますが、ビタミンAにはターンオーバーをサポートする作用があるため、シワやシミを緩和したり予防したりする働きに期待が持てます。β-カロチンを含む食べ物は、かぼちゃ、にんじん、モロヘイヤ、パセリ、ほうれん草、みかん、メロンなどです。

栄養素④鉄分

鉄はコラーゲン生成や粘膜・皮膚の合成に欠かせない栄養素です。
美白の天敵であるニキビやシミを予防する作用があります。鉄分を含む食べ物は牛肉赤身、レバー、マグロ、カツオ、あさり、小松菜、ほうれん草などです。

栄養素⑤リコピン

鉄はコラーゲン生成や粘膜・皮膚の合成に欠かせない栄養素です。
美白の天敵であるニキビやシミを予防する作用があります。鉄分を含む食べ物は牛肉赤身、レバー、マグロ、カツオ、あさり、小松菜、ほうれん草などです。

栄養素⑤リコピン

リコピンは、強力な抗酸化力を持つ栄養素です。
動脈硬化の予防や血糖値の調整、ダイエットなどにも効果があるため、摂取すると美白だけで無く健康にも良い影響があります。リコピンを含む食べ物はトマト、スイカ、柿、ニンジンなどです。

栄養素⑥L-システイン

L-システインはタンパク質を構成しているアミノ酸の一種で、メラニン生成の抑制・メラニン排出・活性酸素除去といった働きをします。L-システインは食品の中には存在しませんが、必須脂肪酸であるメチオニンを摂ると体内で合成されます。メチオニンを含む食べ物は鶏肉、豚肉、牛肉、牛乳、マグロ、豆腐、納豆などです。

栄養素⑦セラミド

セラミドは角質層の水分を保持し、皮膚を外部の刺激から守ってくれる働きをする栄養素です。保湿作用があるため、乾燥肌の方は積極的に摂取しましょう。セラミドは、こんにゃく、ひじき、わかめ、大豆、牛乳などに含まれています。

栄養素⑧エラグ酸

エラグ酸は、天然のポリフェノール一種です。
抗酸化作用やチロシナーゼの働きを抑える効果があります。ザクロ、いちご、ブルーベリー、ナッツ類などに含まれます。

美白にNGな栄養素

美白に良くない影響を及ぼす代表的な栄養素は、アルコール、砂糖、カフェイン、ソラレンです。レモンやオレンジなどの柑橘系に多く含まれるソラレンには、紫外線を吸収しやすくする作用があります。