MENU

ケアを身体の内側と外側から怠らないことが肌の美白を守る基本です

「美白ケア」の意味とは?

「美白」という単語は、スキンケアにおいて、もはや普通に取り上げられるようになりました。「美白ケア」は一過性のブームでは無く、女性にとっての一般常識となったのです。けれども良く聞くわりには、意味を正確に捉えかねている方も多いかも知れません。単なる「日焼け止め対策」だと誤解して居られる方も少なくないようです。
美白ケアとは「シミやソバカスの元となるメラニンが過剰に生成されないように手当てすること」です。目標は「クスミや色素沈着の少ない、透明で明るい肌」です。ここでは、押さえておくべきポイントを5つ紹介いたします。

ポイント①紫外線対策は1年中

紫外線が肌にダメージを与えることは、良く知られています。
そのため、日差しが強くなる夏場はUVカット商品を用いて紫外線対策に力を入れる方が多くなります。けれども紫外線への備えは、通年が基本です。紫外線を少しでも浴びると、肌に影響が出ます。UVへの手当てを日常化・習慣化しておくようにしましょう。ちなみに紫外線には肌の弛みやシワの要因となるA波とシミやソバカスの元となるB波がありますが、A波は5月、B波は6~8月に最も強く降り注ぎます。

ポイント②保湿は大切

「強くて美しい肌」とは即ち「潤いのある肌」を指します。
「乾燥した肌」や「カサカサした肌」をキレイだとは、誰も思いません。潤っている肌は、新陳代謝が正常であることの証ですし、紫外線など外的刺激をブロックするバリア機能も強靱です。美白ケアにおける肌の保湿では、油分と水分のバランスが肝要です。洗顔を丁寧に行い、化粧水・美容液・乳液・クリームなどは保湿成分が配合されている商品を用いるようにしましょう。

ポイント③夜間のスキンケア

昼間に肌へ与えられたダメージの修復は、夜の睡眠中に行われます。
「睡眠不足は肌の大敵」と言われる所以です。眠っている間に、肌は生まれ変わるのです。そのため、夜のスキンケアにおいて美白成分入りの化粧品(主に美容液)を活用すると、肌の美しさアップに効果的です。代表的な美白成分を紹介しますので、参考にしてください。アセロラエキスはビタミン類・有機酸類・ポリフェノールを多く含有しており、健康食品にも良く配合されている成分です。ビタミンC誘導体も重要な成分です。ビタミンCには抗酸化作用・コラーゲン生成作用・色素の沈着を阻止する作用などがあり、肌のケアに欠かせないからです。特に紫外線を多く浴びる時期では、積極的に摂取するようにしましょう。また肌荒れやシミ・ソバカスの元となるメラニン生成を抑制する働きを持つ成分として、トラネキサム酸があります。

ポイント④食生活の改善を

肌の美しさを保つ為には、身体の内側からの手当ても大切です。
具体的な方法の1つは「食生活の改善」です。肌を健康にするのに必要な栄養素(ビタミンA・B群・C・E、L-システイン、コラーゲン、ミネラル類、コエンザイムQ10、セラミド、アセロラエキスなど)を含んだ食事をバランス良く摂るようにしましょう。サプリメントによる栄養補給も、効果的です。

ポイント⑤スペシャル美白ケア

肌の荒れが気になる方は、特別な美白ケアを行わなければなりません。
肌に自信がある方でも、紫外線が強い季節は週に1回程度は、手当てが必要です。シートマスクや美顔器による美白ケアを自身で行う方法もありますし、専門のクリニックへ美白ケアに関する相談に出向くのも良いでしょう。