MENU

陰部の黒ずみに正しく対処してデリケートゾーンを美白にしましょう

デリケートゾーンの美白ケア

陰部の黒ずみが気になっている方は居られませんか?
デリケートゾーンの悩みは他人に相談しにくいため、放置したり、自己判断で勝手に処置してしまいがちです。誤った処理方法では、状態を悪化させてしまう危険性があります。けれども正しい知識を持てば、陰部に対しても効果的な美白ケアを施すことは可能です。デリケートゾーンの黒ずみに気付いても焦らずに、まずは情報入手から始めましょう。

デリケートゾーンが黒ずむ原因

陰部における黒ずみの主な原因はメラニンです。メラニン色素と言えば、美白ケアの大敵です。日差しが直接当たる訳では無いデリケートゾーンで、何故メラニンが増える事態が起こるのでしょうか?実はメラニン色素は、肌を摩擦から守る役割も持っています。そのためサイズの小さい下着や化学繊維の割合が大きい下着を常日頃から履いていると、陰部は黒くなりやすくなってしまうのです。アンダーヘアの自己処理が下手で、刺激が強すぎるケースも、良くありません。また妊娠や出産、栄養不足や不健康な生活によるホルモンバランスの乱調も、メラニン色素の分泌を助長します。その他に加齢などによって引き起こされる皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)の低下も、黒ずみの理由の1つです。

デリケートゾーンの黒ずみ改善方法

デリケートゾーンの黒ずみを改善して美白を取り戻すには、まずは肌の新陳代謝を正常にすることが大前提です。食生活の見直しや寝不足の解消に努めるようにしましょう。
下着については、ゴム跡が付くような小さいサイズは避けるようにしてください。陰部に触れる部分は、極力摩擦が少ないほうが良いです。ナイロン製よりも綿や布タイプがお勧めです。「自宅では思い切って下着を履かない」「男性用下着にする」といった選択をする方も居られます。アンダーヘアの自己処理やデリケートゾーンの洗浄は、慎重かつ丁寧に行う必要があります。強い刺激を与えるやり方は厳禁です。またむだ毛処理や洗浄の後は陰部への保湿を忘れないようにしなくてはなりません。保湿は、美肌に欠かせない要素です。
デリケートゾーンは身体の他の皮膚よりデリケートだからこそ、より一層保湿に気を遣わなくてはならないのです。

保湿が大切なデリケートゾーン

肌を乾燥した状態のままにしておくと、バリア機能が弱まり肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。陰部の洗浄後は、デリケートゾーン用の美容液やクリームを用いて保湿ケアを行うようにしましょう。黒ずみ対策成分の他に美白成分も配合されている商品が、お勧めです。一般的な美白基礎化粧品にも配合されているトラネキサム酸は、黒ずみの予防や解消に効果的な成分として知られています。またグリチルニチン酸2Kも多くの美白化粧品に含まれている成分ですが、炎症の緩和に役立ちます。商品の成分表をチェックしてみてください。陰部専用のケア製品は無添加で肌に優しいタイプが殆どで、基本的に乳首やビキニライン、顔のシミなどのケアにも使用可能です。

美白サプリメントの活用もお勧め

食事内容の改善や美白サプリの摂取によって体調を整えることで、陰部の黒ずみが良い方向に変化する可能性もあります。特にビタミンCやL-システインを含んだ美白サプリや美白医薬品の活用は、身体全体の美肌へ効果があるため、相乗効果に期待が持てるでしょう。