MENU

ハイドロキノンが「究極の美白成分」と呼ばれる理由と使用上の注意点

「究極の美白成分」ハイドロキノン

医療現場でも用いられているハイドロキノン(HQ)は、「究極の美白成分」と呼ばれています。
シミやそばかすの原因となるメラニン色素の合成を阻害する(チロシナーゼ酵素の活性を抑える)働きをするのですが、その効果が従来の美白成分であるアルブチンやコウジ酸の約10~100倍になるという研究結果が出ているためです。更に、過剰に増えてしまったメラニン色素を薄くする還元作用もあり、美容クリニックなどで色素沈着の治療に良く使用されます。
つまり、HQは肌にシミが現れるのを予防するとともに、既に皮膚上に出来てしまったシミを改善・ケアすることが可能な美白成分なのです。

ハイドロキノン活用の歴史

ハイドロキノンは、元々麦芽・イチゴ類・紅茶・コーヒーなどに天然に存在していた物質です。その還元作用が注目されて、写真の現像などに活用されてきました。ところが現像作業に携わっていた人の肌が白くなったことから、美白効果が見出されたのです。それ以降、医療や美容の現場でも用いられるようになりました。
アメリカでは、美白成分と言えばハイドロキノンが主流です。けれども光や酸素に対して不安定であることなどを理由に、日本では医師の管理下のみで投与が許可されてきました。2001年の薬事法改正で規制は緩和され、メーカーの責任でハイドロキノン配合の商品が販売が出来るようになったのです。現在は研究が進み、熱や湿度に耐性があって酸化しにくい「新安定型」を配合した化粧品も発売されています。

ハイドロキノンの配合率

ハイドロキノンの商品を購入する際には、配合率に注意しましょう。
大凡の配合率は市販商品だと1%未満~4%、病院の処方だと5%以上になります。
高濃度のほうが効き目も高くなりますが、刺激も強くなりますので、肌が弱い方は医師など専門家と相談の上で使用するようにしてください。

ハイドロキノンの使用法

ハイドロキノン配合の美白化粧品はクリームタイプが多いです。
1日2回(朝と晩)か1日1回(晩のみ)、適量を塗布します。気になるシミがある場所にスポット塗りする方法と、顔全体に塗る方法があります。日中に使用した場合、強い紫外線を浴びると色素沈着してしまう可能性がありますので、注意してください。
紫外線に当たる機会が少なくても、ハイドロキノンの使用中は、UVケアが必須です。
外出中は、美白化粧品の上に日焼け止めを施し、更にUVカット作用のあるファンデーションを塗るようにしましょう。またハイドロキノンはレチノイン酸(トレチノイン)と合わせて使うと、美白への効果がアップします。レチノイン酸には、「肌のターンオーバーを促進して、角質を剥がす」働きがあるためです。皮膚の治療において、医師はこの2つの薬剤を良く併用します。

ハイドロキノン配合の美白化粧品

ハイドロキノン(HQ)が配合されている美白化粧品を幾つか紹介します。
ビーグレンの「Qusomeホワイトクリーム1.9」はHQ配合率1.9%、低刺激で保湿に優れており、ビタミンC誘導体などの成分も含んでいます。アンプルールの「ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110」はHQ配合率が2.5%、サンソリットの「ホワイトHQクリーム」はHQ配合率が4%と高めです。スポット塗布に向いています。