MENU

なるにはなかなか大変ですが基本を押さえて美白になりましょう

女性の憧れ「美しくて白い肌」

「美しくて白い肌」は、日本女性の憧れと言っても良いでしょう。
美白になるには、どのような手段があるのでしょうか?根気強く努力を続けても、間違った方法だったら無意味です。ここでは「美しくして白い肌」になる方法を5つほど説明し、あわせてお勧めの美白サプリを紹介せさていただきます。

日焼け止めで紫外線対策を

美白になるには、紫外線対策を怠ってはなりません。
紫外線は肌バリアを破壊して皮膚中のメラニン色素を増やすだけで無く、乾燥肌の原因にもなります。紫外線への備えは日差しが強いシーズンはもちろん、1年中するのが基本です。外出の際は、帽子や日傘を利用しながら、必ず日焼け止めも用いるようにしましょう。
最も紫外線が当たる顔の場合は「化粧水・乳液」「日焼け止め」「下地」「ファンデーション」の順で塗るようにします。日焼け止めは、時間が経過したり汗を掻いたりすると効き目が薄れるため、数時間に1度は塗り直したほうが良いです。面倒だと思う方には、スプレータイプや飲むタイプの日焼け止めをお勧めします。

美白成分配合の化粧品

美肌になるには、化粧品の選択も重要です。
美白成分を含んでいる化粧水・美容液・クリームなどを用いるようにしましょう。
美白成分の主な働きとして、シミやソバカスの原因となるメラニン色素の生成抑制や排出促進が挙げられます。代表的な成分としてビタミンC誘導体・プラセンタエキス・アルブチン・エラグ酸・コウジ酸・トラネキサム酸などがあります。

生活習慣の改善

透明な肌になるには、生活習慣を見直すことも大切です。
睡眠不足やストレス過多は、ターンオーバー乱調の要因です。
皮膚の新陳代謝が上手くいかなくなると細胞間脂質が角質層から無くなり、肌から潤いが失せてしまいます。美白になるには、肌の乾燥は絶対に避けなくてはなりません。またターンオーバーを正しく機能させようとするなら、成長ホルモンが不可欠です。
成長ホルモンは寝始めの3時間に多量に分泌されるので、床について直ぐにグッスリ眠れるように生活習慣を整えるようにしましょう。適度な運動や半身浴が、お勧めです。血行がスムーズになり、快眠しやすくなるため、肌にも良い影響があります。

大切な食事の栄養バランス

美肌になるには、身体の内側からのケアが重要です。
栄養のバランスが取れた食事を摂るようにしなくてはなりません。
栄養が不足すると、肌の新陳代謝機能が低下し、肌トラブルの原因になります。
美白になるには、メラニン生成の抑制作用や抗酸化作用を持つ栄養素を積極的に摂取する必要があります。ビタミンCやビタミンEが、代表的な美白栄養素です。他にも腸内環境を整える乳酸菌やコラーゲンの生成に欠かせない鉄分の摂取も、美肌に効果的です。
これらの栄養素は単独で摂るよりも、一緒に摂るほうが、相乗効果で影響度がアップします。

効果的な美白サプリの摂取

身体の内側からのケアで美肌になるには、美白サプリの活用も効果的です。
食事のみで、肌を美しく保つための栄養素を常時摂りつづけるのは、なかなか大変です。
その点サプリメントなら、手軽に必要な成分を摂取できます。ビーグレンファーマの「SIMIホワイト」やアインファーマシーズの「ロスミンローヤル」、くすりの健康日本堂の「ホワイトピュア」など優れたサプリメント(いずれも第3類医薬品)が販売されているので、是非手に取ってみてください。