MENU

効果がジックリ確実に現れるため美白における食材の選択は慎重に

「美白ケア」は身体の内側から

「美白ケア」の実践では、化粧品などによる外側からのケアだけで無く、身体の内側からのケアも大切です。健康で潤いのある肌を保つためには、必要な栄養素をバランス良く摂るようにしなければなりません。食事内容の改善による美白ケアに、即効性はありません。けれども肌に良い効果のある食事を摂り続けることにより、肌の質が向上する可能性は高くなります。特に現時点で肌荒れが気になっている方は、意識的に食材を選択するようにしましょう。美白ケアに効果のある栄養素を含んだ食材を紹介します。

ビタミンCを多く含んだ食材

ビタミンCには、メラニン色素の沈着を防ぎ、出来てしまったメラニンを還元してくれる効果があります。シミ・ソバカスの予防や緩和に効果的な栄養素です。ビタミンCは野菜や果物に多く含まれており、ビタミンCが摂れる食材にはレモン・キウイ・いちご・アセロラ・ほうれん草・小松菜・ピーマン・キャベツ・ブロッコリー・ゴーヤなどがあります。ビタミンCは体内に蓄積しておくことが出来ないため、1日数回小分けに摂取するようにしましょう。

ビタミンEを多く含んだ食材

ビタミンEには抗酸化作用があり、アンチエイジング効果に期待が持てます。
またメラニン生成に関する抑制効果もあります。ビタミンEを多く含む食材は、カボチャ・いくら・落花生・アボカド・アーモンド・ごま・うなぎ・いわし・たらこなどです。

ミネラル類(鉄分)を多く含んだ食材

ミネラル類も肌の健康にとって大切です。
特に女性は鉄分が不足しがちなので、意識的に摂るようにしてください。鉄分は粘膜や皮膚の合成において重要な役割を持っている成分です。コラーゲン生成にも効果を発揮する栄養素であるため、ハリのある肌に鉄分摂取は欠かせません。また活性酸素の除去に役立つ酵素を生み出すサポートも、鉄分は行っています。鉄分を多く含んだ食材としてアサリ・カツオ・マグロ・レバーなどがあります。

アミノ酸の一種であるL-システイン

美白に効果のある栄養素として知られているL-システインは、タンパク質を構成するアミノ酸の一種です。皮膚の他に爪や髪の毛に存在している成分です。ビタミンCと一緒に摂取することで、美白に良い影響を与えます。メラニン生成の抑制や活性酸素の除去、皮膚の代謝促進などに効果があります。システインの分子が結合した成分が、シスチンです。またシステインの原料にメチオニンがあります。従って、シスチンやメチオニンが含有されている食材を摂取すると、体内のL-システインを増やすことが出来ます。シスチンやメチオニンはアミノ酸の一種なので、肉類・魚介類・豆類に多く含まれており、野菜や果実には殆ど含まれていません。豚肉・鶏肉・卵・サーモン・蜂蜜・大豆・にんにくなどがお勧めです。

お勧めの飲み物

美白に良い作用がある飲み物としては、豆乳やトマトジュースが挙げられます。
豆乳に含まれている成分は、ビタミン類やイソフラボン、高い抗酸化作用があるサポニンなどです。トマトは抗酸化成分であるリコピンを多く含有しています。また赤ワインには強い抗酸化作用を持つポリフェノールが存在しています。

美白サプリの活用を

食事だけで美肌に必要な栄養素が摂れない方は、美白サプリメントや美白医薬品を活用しましょう。ただし摂取前に、成分表を必ずチェックしてください。副作用の心配はあまりありませんが、妊娠中の方などは注意が必要です。