MENU

腕を美白にするために身体の内と外から日焼けの予防とケアをしましょう

美白の対象としての腕

「顔の日焼けには注意していたけれど、腕までは気が回らなかった」と言う方は少なくありません。夏場に油断して、腕を日焼けさせてしまった方は多いでしょう。
美白ケアは、顔に限定されている訳ではありません。全身のあらゆる箇所が、その対象です。もちろん、腕の表面も含みます。日差しを浴びて黒くなったアームのケアや、そもそもの予防はどのようにすれば良いのでしょうか?

日焼け止めは通年が基本

日焼けを予防する際に大切なのは、1年中行うことです。
腕に関して述べると、寒いシーズンは長袖を着ており、暑いシーズンは日焼け止めを塗るなど紫外線対策にも気を配るものです。油断しがちなのは暖かいシーズンや、涼しいシーズンです。アームの表面を外気に露出させているにも拘わらず、日焼け対策を怠っていると、紫外線の影響を大きく受けてしまいます。アームの美白を気に掛ける方は、UVケアを1年中、腕に施すようにしましょう。

チェックすべき日焼け止めの表示

日焼け止め商品を購入する場合は「SPF」「PA」「ウォータープルーフ」「ノンケミカル」の表示をチェックしてください。
SPFは紫外線B波をカットする力、PAは紫外線A波をカットする力のことです。
紫外線B波を浴び続けると肌表面が赤くなり、やがてヒリヒリしてきます。メラニン色素が過剰発生して、シミやそばかすの原因になります。肌の奥の真皮まで届くのが、紫外線A波です。浴び続けると肌の老化を招きシワや弛みの原因になります。紫外線A波もB波も美白の大敵です。ウォータープルーフとは「涙・汗・水などに強く、落ちにくい」という意味です。
汗を掻きやすい季節に用いるなら、ウォータープルーフの表示があるかどうか確認してからにしましょう。UVカット商品はどうしてもSPFやPAの数値が高いものを選びがちですが、効果が高ければ、それだけ肌への負担も大きくなります。肌が弱い方は、刺激が少ないノンケミカル(紫外線吸収剤フリー)の商品にすべきです。

保湿が大切な日焼けしてしまった腕のケア

日焼けしてしまった腕のケアでは、保湿が肝要です。
アーム全体を保湿するとなると、カバーすべき面積が広くなります。そこで身体の他の部分に使用していた化粧水・シートマスク・ハンドクリームといった保湿アイテムを有効利用しましょう。使用済みのシートマスクを捨てる前に、腕に貼ったりするのです。美白のために、手段を選んではいられません。
保湿力のある美容成分が入っているUVカット商品(UVスキンケア)や美白兼保湿の性能を持つボディクリームなどもお勧めです。

外側と内側から腕の美白へアプローチ

腕の美白は、内側と外側から追求しましょう。
外側からは、美白スキンケア商品でアームの肌を整えます。メラニン生成抑制・メラニン還元・抗酸化・抗炎症・ターンオーバー促進といった効果がある美容成分が配合されているアイテムを選びます。顔用のスキンケア商品を使用しても構いません。内側からは食事内容などの生活習慣を改善するとともに、美白サプリを積極活用します。
サプリメントの摂取は手軽でありながら効果が高いため、腕や足など全身の美白ケアをしたい方にお勧めです。ポーラの「ホワイトショット インナーロック タブレット IXS」は“飲むコスメ”として人気があります。