MENU

透明感が失われた肌は美白とは程遠い状態なのでケアしなければなりません

「透明感のある肌」を手に入れる方法

美白は、ただ肌が白ければ良いと言う訳ではありません。
肌に「透明感」があることが大切です。
「肌の透明感」はどのようにすれば手に入れられるのでしょうか?
重要なのは「土台がシッカリしていること」です。美白化粧品を使用する前提として、肌は健康・清潔でなくてはなりません。もし肌が不健康で荒れていたり、洗顔方法が間違っていたりしたら、美白アイテムを活用したところで、それは脆い土台の上に不安定な家を建てるようなものです。スキンケアの基本を押さえて強固な土台を作ることこそ、透明感のある肌を実現する秘訣なのです。

洗顔方法を再チェック

「肌から透明感が失われている」と感じる方は、まず洗顔方法から点検しなおしてください。間違った洗顔の仕方で肌が傷んだり毛穴が開いてしまっていたりしたら、肌は暗く濁って見えてしまいます。毛穴の汚れをキレイに落としてあげることで、肌は驚くほど明るくなり透明感を取り戻します。毛穴に詰まった汚れや古い角質がなかなか取れないという方は、スクラブ(粒子)洗顔を試してみては如何でしょうか?頻繁に行うと肌に負担が掛かってしまうため、週1回を目安に定期的行うのが良いでしょう。

日焼け止めは肌に優しいタイプがお勧め

日焼け止め対策を怠ると、肌の透明感はたちまち失われてしまいます。
紫外線は、美白の大敵なのです。季節に関係なく、紫外線への備えは行わなくてはなりません。日焼け止め効果を含んでいるファンデーションやパウダーを利用すると便利です。また日焼け止めを肌に塗布する場合、UVカット力が高い商品を選びがちですが、カット力が強ければ強いほど、肌への刺激も大きくなります。紫外線を防いだところで肝心の肌が荒れてしまっては、美白効果が台無しです。
日傘やストールなどのUV対策グッズを併用すれば、肌に優しいタイプでも充分に紫外線の影響から逃れることが出来ます。紫外線吸収剤フリーの低刺激タイプがお勧めです。

美白化粧品選択のコツ

肌の透明感を決定づけるのは、やはり美白化粧品です。
肌色を曇らせるシミやクスミの予防・改善をしてくれます。商品選択のコツは「成分」「相性」「価格」の3点に着目することです。まず、自分の肌の問題点に効果的な働きかけをしてくれる美白成分を含む商品はどれか、探してみましょう。メラニンの生成を抑制するビタミンC誘導体や抗酸化作用のあるエラグ酸、メラニンへ強力に働きかけるハイドロキノンなど、様々な成分が配合されています。化粧品は毎日使うものである以上、個人の好みに合致することも大切です。トライアルセットを準備しているメーカーも多いです。また化粧品に関しては、高価な商品を短期間用いるよりも、無理のない価格の商品を長期間使い続けるほうが、ズッと大きな効果を得られます。

美白サプリで身体の内側からケア

透明感のある肌を作り上げるには、内側からの美容ケアも欠かせません。
美白に効果的な栄養素を食べ物から摂取できない場合には、美白サプリメントを活用しましょう。シミやクスミの予防や緩和に作用する栄養素を、手軽に体内へ摂り入れられます。安全性と効き目を重視するならビーグレンファーマの「SIMIホワイト」がお勧めです。製薬会社と薬学博士のコラボレーションにより開発された第3類医薬品です。メラニン生成を抑制したり皮膚の新陳代謝を促進させる働きをするL-システインが高配合されており、肌の透明感を増してくれます。